タロットカードの読み方(大アルカナ)

タロットカード 「教皇(法王)」の読み方

教皇とは左手に杖を持ち、王冠を被って座っている男性のカードです。

キリスト教の司祭を示すため、法王とも呼ばれることがあります。

教皇のカードの基本的な意味は、秩序や常識、知識の習得です。

タロットカードを引いた人の常識や環境、心の余裕の度合いを示す重要なカードです。

問題を解決する助言や支援・恋愛では精神的に大人の異性や縁を示します。

「教皇」の位置づけと基本的な読み方


教皇は引いた人の心の余裕や精神性を示すカードです。

日常生活を送る上での、助言や秩序、視野の広さ全般を示します。

また、恋愛の場合は、心の余裕や助言、精神的に大人の異性の出現の縁があります。

逆位置は、心を狭める余裕がなくなる、イライラさせるといった恋愛における精神的な余裕が亡くなる解釈となります。

身近な人との関わりでヒントになる人がいないか人に関わるできごとを見直してみると気づくはずです。

位置別の「教皇」の読み方

タロットスプレッド

教皇の正位置は、恋愛における心の余裕を示します。

出会う段階なら、精神的にプラスの異性の縁の発生、付き合っている段階なら協調性が取れる楽しい生活が送ることができる状態なのです。

失恋の場合でも、心の傷が癒えて落ち着くと方向性に進んでいくでしょう。

逆位置の場合は、自分に自信がなくなる、付き合っている場合は、感情的になりイライラするわがまま、傲慢と言ったマイナスなので心を落ち着かせましょう。

「教皇」が「過去」で出た場合

正位置

過去の自分の知りたい問題の原因が出る位置になります。

教皇が正位置の場合は、自分の常識や秩序、物事を見る感覚は問題ないという意味になります。

また、その時にもらった助言が非常に今のためになるという物もあるので、思い出してみるのもいいでしょう。

「教皇」が逆位置

教皇が逆位置の場合は、恋愛においてうまく行かなかった理由が過去にあった事を示します。

恋愛では口うるさいだけで、相手の気持ちを考えていない、アプローチのタイミングを間違った、助言を守らなかったという明確な理由があった暗示です。

「教皇」が「現在」で出た場合

「教皇」が正位置

現在で正位置が出た場合は、物事が正しい判断ができる、良い助言がもらえるという縁やチャンスがあります。

問題を解決するために必要な良識的なアプローチや行動が取れます。

なので、解決のきっかけが無いよだなんて思っていたら、助言なり本を読むなり、自分から動き情報を集めましょう。

「教皇」が逆位置

恋愛ではプライドが邪魔をして本来の自分の良さが出せなくなっています。

心の狭さによってとっさに動いた行動が、悪い方向に進んでしまうなんてことも。

自分が良かれと直感で思ったことが裏目に出てしまうので、一旦本当にこのままで良いのか、見直す気分転換をして悩みから距離を置くことをおすすめします。

「教皇」が「未来」で出た場合

正位置

精神的に大人の異性の縁がある、もしくはより深まるという縁があります。

心の安らぎを得て、より魅力的な自分になることができる暗示です。

逆位置

精神的に心が狭くなったことで、別れ話や危険な恋に走ってしまいそうです。

また、出会いの縁が薄れること。また、正しく判断ができず本来の自分らしさが出せない、もがけばもがくほど悪化するってことになりかねません。

直感よりも冷静さを大事にする問題から一旦離れて距離をおいて見つめ直すことを大切にしてください。

「教皇」が「障害/問題」で出た場合

正位置

障害や問題の位置に正位置でタロットが出た場合は、周囲の協力が得ることができて、問題を解消することができる暗示です。

信頼できる人に相談した助言が恋愛の悩み解消の鍵になることもあります。

逆位置

逆位置で障害/問題の位置で出た場合は、問題解決のために孤立し、必要な助言をもらうことができない、イライラして正しい判断ができないというなんてことも。

そのため、精神的な余裕の無さによって恋愛がこじれる方向に知らない間に進んでしまいます。

後悔をする前に慎重な行動をしてこじれないようにすることがポイントです。

「教皇」が「結果」で出た場合

正位置

自分らしさを損なわず、良い人間関係をつくることができる結果になります。

好きな人を助けたり助けられたりと言った意思疎通がうまくいく、アプローチの成功率が上がるという方向性になります。

逆位置

心の余裕の無さが、全て身に起こっている問題の原因になっています。

イライラしない、自分の考えが正しいと押し付けがましくなっていないか、冷静に見直すことが大切です。

「教皇」が「助言」で出た場合

正位置

恋愛の問題を人に相談すると的確な助言をもらえる、自分の心に余裕ができるようになります。

出会いがない人には出会いのチャンスが来る、カップルならお互いの絆が深まるきっかけを人からもらう縁があります。

積極的に人に相談する、話してみると良い運気です。

逆位置

恋愛の相談で助言をもらったものの、今の自分に合わない、もしくは活かしきれていない可能性があります。

また心が狭くなって本来の正しい判断ができません。その助言が正しいのか、今一度考え直すことが大切です。

まとめ

精神的な支柱や心の余裕を表す教皇、正位置の出会いがまだの場合は精神的に大人な男性との出会いやカップルの場合は心の安らぎと言った進展が望めます。

逆位置の場合は、傲慢や心の余裕の無さからの別れや不倫に走る、正常な判断ができないというもがく解釈になるので冷静になることが大切なカードです。

-タロットカードの読み方(大アルカナ)

Copyright© 占い師 月影仁の占星術・タロット占い , 2020 All Rights Reserved.