タロットカードの読み方(小アルカナ:カップ)

タロットカード 「カップの7」の読み方|愛や夢を追い求めてさまよう様

カップ7

7つのカップの中には、女性の頭部、蛇、城、月桂樹の冠、宝石、ドラゴン、布をかけられた何かが入っています。

魅力的な宝物が並んでいて選び放題といった状態ですが、よく見ると7つのカップは、雲の上に存在しているだけのようです。

手前にいる人は逆光でどんな様子かもわかりませんが、手を広げ、まだどのカップも選んではいません。

その人は、目の前に広がる甘い幻想にとらわれ、酔いしれているだけで、現実的にはまだ何も手に入れていないということを暗示しています。

現実を直視できずに、非現実的で地に足がついていないような逃避の状態です。また、自分のことを客観視できずに、本来の目的や望みを見失ってしまって迷走している様子も見てとれるでしょう。

また一方で、「7つの大罪」を表すと解釈する説も少すぎあるようです。女性の頭部は色欲、蛇は嫉妬、城は傲慢、冠は暴食、宝石は強欲、ドラゴンは憤怒、布をかけられた人は怠惰とされます。

魅力的に見える品々は、人を罪に導く可能性があるもの。誘惑に流されそうな心理を表しています。

「カップの7」の位置づけと基本的な読み方

カップはもともと人の心を表すカード。その7番目は、心のよりどころになる愛や夢を追い求めてさまよう様が描かれています。

模索もしくは迷走している真っ只中というイメージで、「あれもいいな」「これもいいな」と目移りしてしまったり、いろいろなものを見比べたりしているところです。

迷いすぎて、結局は決められない可能性もあるでしょう。

位置別の「カップの7」の読み方

このカードは、本来のあなたが求める夢や目標を表しています。理想にとらわれて現実を見られずに終わるのか、夢や目標を実現するために歩み出すのかを、正位置と逆位置で読み取りましょう。

「カップの7」が「過去」で出た場合

「カップの7」が正位置

それまでは、現実を見失い夢に酔いしれている状態だったかもしれません。自分で決めたはずの夢や目標はリアリティーがなく、その足は地についていないような印象。

あれもこれもと欲張りすぎたことも原因の1つかもしれません。前に進もうという気はあるものの、理想ばかりが先にたちむなしく空回りをよぎなくされていました。

「カップの7」が逆位置

かつては、決断が迫られる分岐点のような状態でした。でもそれは、自分にとってチャンス期といってもいいタイミングです。

迷っていたことにも踏ん切りがつき、心にあったもやもやがきれいに晴れるような感覚だったでしょう。

決心がかたまり、自分の問題に取り掛かることができました。今、その結果が出ていない場合は、その時の決断ミスと考えられます。

「カップの7」が「現在」で出た場合

「カップの7」が正位置

現実をしっかり見ることができず、ふわふわと夢見心地の運気です。何か選択しなければならない状況でも、あれもこれもよく見えて目移りしてしまうでしょう。

結局何も決まらなかった…なんてことmにもなりかねません。現実を見失いがちなときなので、リアリティーがなかったり、自分の中の妄想に酔ってしまったり、なかなか行動に至らないでしょう。

「カップの7」が逆位置

不安や迷いが吹っ切れて、目の前の問題に立ち向かっていける状態です。今が決断するには1番いい時期です。

目標を定め、いかに行動し進んでいくか、現実的で正しい選択ができるでしょう。夢を夢のままで終わらせない、確固たる行動力が発揮されるときです。

問題をまるっと先延ばしにするよりも、優先的に解決できることを見極めて少しずつでも進んでいきましょう。

「カップの7」が「未来」で出た場合

「カップの7」が正位置

甘い誘惑に負けてしまったり、本来の自分を見失ったりする状況になってしまいそうです。何をしていてもしっくりこないと感じることも多くなりそうです。

どれもよく見えて目移りしてしまうような、優柔不断さが全面に出てしまうでしょう。また、悲劇のヒロインの気分に酔ってしまっているかもしれません。

誰かがどうにかしてくれるのを心のどこかで願っている、自分への甘さが見え隠れしています。

「カップの7」が逆位置

今後は、思い描いていた夢や願いが現実となるでしょう。自分の進むべき道ははっきりと見え、一足とびに成果を得ることができそうです。

同じところで二の足を踏んでいた状況からは脱出し、取り繕っていた自分は影をひそめます。本来の自分を取り戻すことになるでしょう。

自分の意志をしっかり持ち、歩み始める様子がうかがえます。

「カップの7」が「障害/問題」で出た場合

「カップの7」が正位置

そもそも選択肢や誘惑が多いことが問題の原因でしょう。数を絞ったり、条件の見直しが必要かもしれません。

また、少し欲張りになっていませんか?何かを選ぶこと、何かを捨てることが難しくなっているのかも。

あれもこれも捨てられないのならば、本当に欲しいものも抱えきれなくなってしまうでしょう。また、夢ばかり見て現実と向き合えていないことも障害になっているかもしれません。

「カップの7」が逆位置

決断するタイミングや判断を間違ったことが問題の原因でしょう。もう少し慎重に、自分の私利私欲は置いておいて、現実的に考えられるといいかも。

もしくは、考えられる選択肢の中に、そもそも正解がないことに気づいていなかったからかもしれません。

また、成功のイメージがわかなくて、悪い結果を想像してそれにとらわれてしまった事がよくなかったと思います。

「カップの7」が「結果」で出た場合

「カップの7」が正位置

最終的には、ドラマチックな恋に舞い上がってしまいそうです。相手を理想と重ねて見てしまったり、恋に恋する乙女のような夢見心地な気分になったり。

悲しい恋にまるで自分は悲劇のヒロインのように感じてしまうなども考えられます。また、気になる人が多すぎて移り気になってしまう可能性も。

仕事面では、あれもこれもと風呂敷広げすぎて失敗しそうです。実現可能な計画を立てましょう。

「カップの7」が逆位置

今までとてもよく見えていたのに、急に冷静になり、恋の幻想から目覚めることになりそうです。相手の本性に気づいたり、夢物語ではなくきちんと現実を見られるようになったりします。

情でつながっていた関係も、いよいよ別れの局面にきているのでは。仕事面では、目標に対して具体的な計画に移行できるでしょう。

選択肢を絞り、目先の利益よりも実現できるかどうかを重視してください。

「カップの7」が「助言」で出た場合

「カップの7」が正位置

もう充分選択肢はそろっています。「これもいいんじゃないかな?」と、いたずらに選択肢を広げるのはやめましょう。これ以上の選択肢はいりません。

客観的に物事を見るようにして、ネガティブに考えることをやめましょう。答えのでない問題をぐだぐだと悩むことはやめて、前に進むことを考えるときです。

また、自分の栄光に酔いしれたり、自分の力を盲目的に過信したりするなど、現実を見ない姿勢は良くありません。

「カップの7」が逆位置

ぐるぐると同じことで思い悩むのはもうやめましょう。悩んでいる時間は何も生みません。現実としっかり向き合って、前に進む決断をするときです。

まずは何から手をつけるべきか、自分の中で優先順位を決めて行動するとうまくいくでしょう。客観的な判断と現実的な計画がもてるように努力をおしまないで。

実はすでに、目指すべき道やどう行動するかの指針もわかっているはず。とにかく行動あるのみです。

まとめ

カップの7は、思い描いてきた夢や目標をあらわすカードです。甘い妄想や誘惑にとらわれ、本来の望みを見失っている状態を暗示しています。

夢見心地のまま行動せずに終わってしまうのか、目が覚めて夢の実現のために行動してできるのか、状況によっては自分でも気づかない場合もあるでしょう。

夢や目標があるってとても素晴らしいことだし、予定も計画も考えている間はウキウキ楽しいものですよね。

夢や妄想のままにして、行動できないのはもったいないと思いませんか?二の足を踏んでいないか、現実に向き合うのをおそれていないか、自分の心に聞いてみましょう。

-タロットカードの読み方(小アルカナ:カップ)

Copyright© 占い師 月影仁の占星術・タロット占い , 2020 All Rights Reserved.