タロットカードの読み方(小アルカナ:カップ)

タロットカード 「カップの4」の意味とは?恋愛や仕事など正位置・逆位置別の意味

カップ4

カップ4は感情の複雑さが表れています。

3つの聖杯を見つめながら、浮かない顔をしている男性は、満足しているが不満でもあるという若干矛盾した、とても細やかな心の動きを表しています。

このカードに描かれている男性は座っており、手足を組んでいます。

これは気持ちが内側へ向かっている事を示します。まさに、嬉しいとも悲しいともつかない、何とも言えない気分でいるようで、雲の中から出ている聖杯を差し出す手に対して、『もうウンザリ、お腹いっぱいだよ』と言いたげな、そんな気持ちを表しています。

目の前にさしだされたカップにも気づかないのは、現実を見ようとしないで、思考停止している状態をあらわしています。現状に飽きて、倦怠感でくすぶっているようです。

退屈で耐えがたいと感じているのは、平和な日常に甘んじているともとれます。

タロットカード:カップの4の基本的な意味

このカードは、ある程度、どのような状況で、誰が誰に対して、といった相談内容をしっかり把握した上でリーディングする必要があります。

ただ、大アルカナのようなダイナミックな動きとは違い、微弱な、心の琴線に触れるような動きを示していますので、このように感じた、このように思っている、といった解釈に終始することが多くなります。

幸せな状況に退屈さを感じはじめているのでしょう。なんとなく飽きてしまったという、はっきりしないモヤモヤを抱えているのでは。悲観的にもなりやすく、自信もなくなってしまうでしょう。

大変に微妙で繊細な気持ちを表すカードで、ハッキリと白黒付くカードではありません。

非常に微弱な心の動きを示すカードになります。

展開される位置や状況に応じて、ある程度細やかな解釈が必要になってくるでしょう。

「カップの4」のイメージをとらえるには?

カップの4は、どこか自信なさげな、はっきりしない人物をあらわします。人間関係も良好とは言えず、時には孤立してしまうかもしれません。何にも興味が持てない、意欲の薄い印象です。

芸能人でいうと、黙っている二宮和也(嵐)がイメージに近いように感じます。役どころや番組の演出によっても印象が変わる人ですが、すごく意欲的!というイメージではないですよね。

アニメのキャラクターでいうと、氷菓の折木奉太郎。「やらなくてもいいことならやらない。やらなければならないことなら手短に」

という言葉が口癖の、無気力系なキャラクターです。主人公なのに、やる気があまり感じられない人物です。

「カップの4」と他のカードとの関係

カップの3の喜びを分かち合うカードに影響をうけて、カップの5の大切なものを失うカードに影響をあたえます。

幸せな状況に甘んじて、不満を抱えて悶々とするその姿勢から、大きな損失を生じる可能性があるでしょう。

現実をしっかりみていないという意味では、カップの7と似たカードです。でも、カップの7は夢見心地なあまい妄想に惑わされて、動けないことを意味します。

それに比べて、カップの4は平和な日常に退屈を感じて、現実逃避をしているような状況です。どちらかというと、カップの4のほうがネガティブな思考にとらわれていると読むといいでしょう。

「カップの4」のキーワード

正位置

不満、倦怠、不服、飽き、妄想、欲求、悲嘆、出費、浪費、悲しみ、欲張り、ネガティブ思考、退屈、申し出を拒否、機会を逃す

逆位置

明るい考え、後悔をやめる、充填、協力的、支援、協力者、助力、打開、解決策、救済、手助け、方向転換、先を見越す、前向き

【恋愛】におけるカップの4の意味

恋愛

正位置

恋愛で占って正位置が出た場合は、「何か物足りない」「満たされない」という気持ちになりそうです。

片思いをしている人は、好きなはずなのになかなか進展せずに、倦怠感や不満を感じているのでは。言葉が行き違ったり、想いがなかなか相手に伝わらなかったり、相手に自分をきちんと理解されていない可能性もあります。

コミュニケーションが不足していないか振り返り、1から相手を知るつもりでアプローチをしたほうが良いでしょう。

相手の気持ちで占った場合は、何か不満や不本意な想いを抱えていそうです。性格や態度など、「ここさえ直ればいいのに」と感じていることがあるのでしょう。

自分でも、直さなければいけない部分があることに、うすうす気づいているかもしれません。この機会に、自分を客観的に見てみましょう。

交際中の人は、今の関係に疑問を感じてしまうでしょう。自分のことを理解してくれていない不満もありそうです。相手の本質を知るために、もっとじっくり向き合うべきかもしれません。

復縁を望んでいる人は、「また付き合いたい」と持ちかければうまくいかないことはないです。

でも、将来のことをきちんと考えられる関係ではなかったり、迷いのあったりと不安の残る復縁になるでしょう。もう一度付き合っても、ラブラブな関係になれるとは限りません。

逆位置

逆位置の場合は、不平不満やモヤモヤ感が解消されて、次の展開に進んでいける気持ちになってきています。

モヤモヤしていた原因、停滞していた理由がわかって、ひっかかっていたことも解消され、前向きになれるからでしょう。もし、納得いかない状況でも、「いったん受け取る」という姿勢が大切です。

片思いの人は、今好きな人か、もしくは別の人との交際の機会がやってきます。新たなスタートという意味が強いので、何か心境の変化があるかもしれません。

相手の気持ちを占った場合は、感じていた不満も含めてあなたなのだと受け入れて、新しい気持ちで向き合おうとしてくれています。

また、そもそも不満に感じていたのは自分のせいでもあることに気づき、あらためて2人の関係を見直したいと考えているでしょう。この先はきっとうまくいくので安心してください。

交際相手がいる人は、別々の道に向かって歩き始める可能性もあります。自分の内面に変化があれば、これまでとは違う形で今の相手と再スタートをきるでしょう。別の角度から、自分たちの関係を見直すと良いです。

復縁を望んでいる方は、恋愛関係ではなく、友人として深く関わっていきたいと思われています。相手は、あなたの存在の大切さに気づき始めたところです。

かなりの長期戦になりそうですが、焦らずじっくり向き合うことで唯一無二の存在になれるでしょう。

【仕事】におけるカップの4の意味

仕事

正位置

仕事に関して占った場合は、自分の怠惰な気持ちが仕事に支障をきたしていることをあらわしています。周囲の忠告を聞かずにミスをしてしまったり、チャンスがあったのに活かせなかったり、集中できなくて仕事を進められなかったり…

原因をはっきりさせることで、怠けている自分に気づくことができるでしょう。

また、自分のポジションやキャリアに飽きて不満を感じている可能性もあります。もっと評価されてもいいのではないかという欲が、環境に不満を感じる原因です。

逆位置

逆位置の場合は、状況を打破して仕事をしようとしていることを示しています。停滞した気持ちや不安がなくなり、前向きにものごとに取り組める心境でしょう。人脈を広げるための努力やチャンスをうかがう意欲的な状況と考えられます。

また、協力者にもタイミングよくめぐり会えそうな時期です。新しい出会いに、今よりも高いレベルに引き上げてもらえるチャンスがあるでしょう。

【金運】におけるカップの4の意味

金運

正位置

お金のことを占った場合は、自分が経済的に潤うチャンスに気づいていない状況を示しています。すでに手に入れているものを見つめ直し、周囲に舞い込んだ絶好の機会を見つけることができれば、事態は好転するかもしれません。

しかし、本質的には実りある報酬は手に入りにくいでしょう。仕事に対する不満から、ミスにつながって収入に響くことになるかも。ストレスから衝動的に買い物することで支出も増えがちです。

逆位置

お金の面で逆位置で出た場合は、金運はとても良いです。経済状況をよくするための充分な努力と積極的な行動をとれていることを示しています。常にアンテナをはっていることで、敏感にお金を引き寄せられる運気です。

仕事での成功をおさめやすい時期。予想外の収入を得ることもあるでしょう。

カップの4が「過去」で出た場合

時間

正位置

ちょっと気分が乗りませんね。相手からのサポートや愛情がやや重く感じられて素直に喜べません。

既に望む状態にはなっていたようですね。一旦、距離を置いて一休みしていました。

テンションが落ち込んでいました。人間関係に疲れていたのですね。

逆位置

沈んでいた気分が新しい希望により明るく晴れてきました。

2人の関係を修復に向けて動き出しました。再スタートする機会を得られました。

相手の良い部分に改めて気が付きました。前向きな気持ちでいたようですね。別の方向性を発見しました。

カップの4が「現在」で出た場合

正位置

大して大きな不満があるわけではないけれど、倦怠感に満ちています。

マンネリ気味で面白いと感じられません。新鮮味に欠けて退屈に感じています。

今は何も考えず、1人で静かに過ごしたいようです。幸せな毎日の筈なのに、満足できません。

逆位置

新しい気付きと閃きがありました。膠着していた2人の関係が、再び動き出しました。

冷却期間もこれで終了です。新たなチャレンジ、再スタートを始める時が到来しました。

前向きにやり直す気持ちになっています。新たな環境へやって来ました。

カップの4が「未来」で出た場合

正位置

面白みを感じられず、これと言ったインパクトがありません。トキメキを感じられない、刺激の無い恋愛となりそうです。

退屈な関係にあまり楽しめないようです。不幸でもないけれど、幸せとも思えない微妙な関係のままかもしれません。

逆位置

見えていなかった盲点に気が付くでしょう。ようやく方向転換をする時がやって来ます。マンネリが解消されるでしょう。

全てをリセットしてスッキリできそうですよ。新たな発想が浮かび、再挑戦のチャンスが到来するでしょう。新しいゴールが現れますよ。

カップの4が「障害/問題」で出た場合

正位置

今は新しく何かを始めたくはない気分ですね。テンションが上がらずヤル気が沸いてきません。

少しお休みしたい時期が来てますね。飽き飽きしているので、もうこれ以上は何もして欲しくないようです。

マンネリ気味に感じているようです。

逆位置

今は刺激しないほうが良い時期です。今こそ脱皮して飛び立とうとしている時なので、そっとしておいてあげましょう。

もう一度やり直したいと相手は思っているかもしれません。新しい出会いや恋のチャンスを見つけてしまったのかもしれません。

カップの4が「結果」で出た場合

正位置

特に不満とまでは行かなくても、憂鬱な気分から抜けられないでしょう。愛情が満たされず、不完全燃焼のように気持ちがくすぶるでしょう。

波風立たない退屈にすら思える毎日でも、それが幸せであるかもしれません。スッキリしませんが、心は休められるでしょう。

逆位置

全てを刷新し、心機一転新たな段階へ入れそうですよ。問題部分を別の視点を持つことで解決できるでしょう。

新たな環境が用意されるでしょう。以前立ち消えになった話がまた蘇ってくるかもしれませんね。もう一度再チャレンジできそうですよ。

カップの4が「助言」で出た場合

正位置

今は自分自身と向き合って、ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。退屈に感じているぐらいが、ちょうど良いのかもしれません。

刺激もトキメキも無い日々であっても、それは幸せなのではないでしょうか。ゆっくり休暇を取ってみるのが良いでしょう。

逆位置

理想が高過ぎますので、ちょっとした妥協策を考えてみてはいかがでしょうか。新たな出会いに目を向けても良さそうですよ。

視点を変えてみると、良い発見があるでしょう。独りきりで背負わず、誰かに協力を求めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

タロット

現状に飽き飽きしている、退屈しきっている現状です。「とりあえず現状維持すればいいか…」と、目標を見失ってしまっているのでしょう。

いいわけばかり言っていても仕方ないことに、なかなか気づけないかもしれません。

曖昧な絵柄で、どっちがポジティブなのかネガティブなのか判断し辛いカードですが、概ね正位置のほうが若干ネガティブで、逆位置のほうがポジティブです。

正位置では、カードの絵柄に出て来るように、雲の中から手が現れています。やや、曇った表情のこの男性のとおり、倦怠感や行き詰まり感に襲われており、消化不良のような気持ちの現れです。

逆位置では、まさに正位置の反対となり、明るく澱んだ気持ちがクリアになったり、新たな出発点を発見した時などに現れます。

転じて、環境の変化や刷新、復縁、新たな関係性の構築等とも解釈できます。

-タロットカードの読み方(小アルカナ:カップ)

Copyright© 占い師 月影仁の占星術・タロット占い , 2020 All Rights Reserved.